読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るくさんのページ

OLは よめに しんかした!

【北海道旅】美瑛にいってきた

こんにちは!
かき氷が食べたい、るくさんです!
できればソフトクリームが乗っていて、秘伝の蜜とかで食べたいです!!!

全然関係ない前置きは置いときまして、今回は北海道旅の第二弾〈美瑛〉編です☆近年注目されている観光スポットと、定番の観光スポットにいってきましたよ〜!


白金青い池

f:id:sonoekoy:20150809115010j:image
青い池って何だろう?と思っていたのですが、その名の通り池の水が青色なんですね〜!池の中に佇む枯れ木が幻想的で、とても美しかったです。

池の水がなぜ青く見えるかといいますと、水中にアルミニウムを多く含む硫黄沢川と、美瑛川の水とが混ざることでコロイドが生成されるためとのこと…難しいことはよく分かりませんな!はは

早朝がオススメとのことでしたので朝の10:30頃に訪れましたが、もうすでに観光客で賑わっていました。青い池が公開されたのは2010年なので割と最近の話ですが、口コミで広まったとのことで観光地としてはなかなか認知度が上がってきているように思いました。オススメです。

▼白金青い池
住所:北海道上川郡美瑛町白金


四季彩の丘

f:id:sonoekoy:20150809121257j:image
四季彩の丘は、なんといってもお花がキレイですね!丘の上に敷き詰められたお花の絨毯が、色とりどりで虹のようです。

広くて歩き回るとバテてしまいそうだったので(長旅だったので、写真を見返すと顔が疲れていて笑えましたw)、「ノロッコ号」に乗ってぐるっと一周しました。

ノロッコ号に乗っているところ
f:id:sonoekoy:20150809191951j:image
ノロッコ号は、トラクターバスなんですね〜。ガタガタとパワフルに牽引してってくれます。なにせ日差しが強かったものですから、日よけも付いていて助かりました。

料金:大人 ¥500
所要時間:約15分

四季彩の丘は景色を見るのが中心でした。あとはコロッケが美味しかったかな。

▼男爵(左)と北あかり(右)
f:id:sonoekoy:20150809193049j:image
食べかけで非常に申し訳ないです。。
ですが、それでも載せたかった、美味しかったコロッケくんです。見ると分かるかと思うんですが、北あかりの方が少し色が黄色いです。ジャガイモの味が濃くて美味しい、華やかな味わいとでもいいましょうか。一方、男爵は素朴で懐かしいような、ほんのり甘みを胡椒が引き立てているような、でしゃばらない味わい…。はじめは北あかりの方が好きかな?と思ったのですが、食べていると男爵にハマっていくのを感じました。ぜひ食べ比べをオススメします。

住所:北海道川上郡美瑛町新星第三
TEL:0166-95-2758


哲学の木

f:id:sonoekoy:20150809194535j:image
レンタカーで四季彩の丘に向かっている途中、ナビに「哲学の木」の文字が。なんだなんだと思いつつ、通り道だったので行ってみたところ、丘の上に一本の木がありました。

「哲学的な何か」にピンと来なかったるくさんはただキレイダナーと思って終わった訳ですが、後で調べたところ斜面に向かって木が立っているところが哲学的だとか。ふ、ふ〜ん、哲学っぽいなあ〜。


美瑛まとめ

f:id:sonoekoy:20150810184347j:image
美瑛は丘が多くてすごく自然がキレイな街でした!彼は丘が気に入ったようで、丘の写真をたくさん撮っていました。丘や自然が好きな人にオススメですよ〜!

次は富良野編の予定です!
お楽しみに〜☆