読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るくさんのページ

OLは よめに しんかした!

出世のヒント【イギリス編続き】

私の住む街も珍しく雪が降り、寒い、冷凍庫のようだと感じるくらい寒いです。

さてさて。
先日、こんなエントリーを書きました。


こちらの番外編です。

イギリス旅行中に出会った、弁護士を名乗るインド人アビー。彼は私に大きなヒントを落としていきました。

✳︎
f:id:sonoekoy:20141222124626j:plain
最初に入ったカフェでのこと。

アビー「君は出世したい?」
るくさん「うん」
アビー「そしたらね、次に言うことを1年守るんだよ。1年後、君は昇進しているだろう」
るくさん「うん」

彼は若くして出世したということを私に話してくれた。嘘か本当かは分かりませんが、私のためを思って言ってくれていることだけは伝わってきた気がした。

アビー「出勤はスーツ?」
るくさん「いいえ」
アビー「そうか。とりあえず、週5日分の服を用意するんだよ。一週間、毎日別の服を着るんだよ
るくさん「ふむふむ」
アビー「スーツだったら5着用意する。ビジネスでは見た目が重要。どんなに仕事ができてもヨレヨレのシャツを着ていたら感じが悪いからね」
るくさん「ふーむ」
✳︎

確かに、いまの私の会社でも当てはまる部分があるように思います。私の上司は若くして出世したようですが、顔はともかく清潔感があり、身につけているものは小洒落ています。

一方、シワくちゃで、直にアイロンかけているためかテラッテラに光っているスーツを着ている人は、仕事はできるかもしれませんが「上に立たせられないな…」と上司がいっていました。アレ〜

必ずしもそうとは限らないと思いますが、一理あるなあと思いました。


ん?
るくさんは出世したかですって?

一年経った頃、給料は数千円アップ。
プロジェクトはいくつか任せてもらってますが出世はしてませんアレー
ボチボチです。そんな感じです。

あーー給料あがれーーー!!
ボーナスくれよーーーー!!

なとどという心の叫びを後にして、お仕事頑張るとします。るくさんでした。ヒー