るくさんのページ

OLは よめに しんかした!

あってよかった!留学時に日本から持っていったもの5つ

ふと思い出した留学の記憶。

たったの半年ではありましたが、とても内容の濃い時間を過ごせたなと、いまでも思います。


詳しい話はまた今度触れるとしまして。

今回は、留学したときに「これがあってよかった」と思ったものがあったのでランキングしてみました。

完全なる私的見解です。

※ちなみに留学したのは、定番のオーストラリアです。


どん!ランキングです!!

  1. 化粧品
  2. 下着
  3. 文房具
  4. 物干し用ロープ
  5. パソコン

…やや女の子っぽい回答になってしまいましたが順に見て行きましょう。


1. 化粧品
私は化粧品に合う合わないがあったので、クレンジングやメイク道具は日本のものを持っていってよかったと思いました。

普段使い慣れているものの方が安心・便利だったので堂々たる一位です。

シャンプーなどは重たいので、最初は旅行タイプを持っていって(到着してすぐに買い物に行ける場合はなくても良い)、徐々に現地のものにシフトしていった方が良いです。


2. 下着
国にもよりますが、日本人とは体型が違うので「サイズがない」「サイズがよくわからない」なんてことがあります。

ただ、アジア圏の場合やアジアの方が多く住んでいるような場所ではサイズの問題はあまりなさそうです。

その他には「素材感が無理」なんて場合もあります。直接肌に身につけものなので、普段使っているものを持っていった方が安心です。


3. 文房具
こちらは意外と気がつかなかったのですが、日本のペンや紙はとても精度の高いものが多いです。

「ノートの紙が薄い」
「なんだこのペン書きづらい」

なんてことがありました。

私は青・赤・修正テープが一本になったペンを持っていたのですが、バーレーン人の友達があまりにも気に入ってたのであげてしまいました。


4. 物干し用ロープ
1ヶ月だけホームステイをしていたのですが(残りの5ヶ月はシェアハウス)、その期間中は自分の室内に洗濯物を干していました。

干す場所を提供してもらえなかったもので、てへ。

ということで、たまたま持ってきていた物干しロープを部屋中に巡らせ、無事洗濯物を干すことができました。

シェアハウスに移ってからは、物干しスタンドがあったので全く使いませんでした。


5. パソコン
お勉強のときや留学友達とのチャット、日本にいる家族と連絡をとるのに使っていました。


おわりに

必要と思っていたものと、必要だったものが結構違っていたな、というのが個人的な感想でした。

いらなかったものランキングも自分としてはあるので、今度まとめてみたいと思います。